小籠包日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾中部の古い町「鹿港」

<<   作成日時 : 2010/01/06 15:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今回の旅の目的は鹿港に行くことでした。
直通のバスがあり台北からの日帰りも可能だとは聞いていたのですが
せっかくなのでまだ行ったことのない台中にも行こうと思い、台中滞在としました。

今回は台中に2泊して、台中から向かいました。
台中から彰化までは台鐡を使いました。
途中有名な「成功」站を通りました。
彰化からはバスで、站を出て左側にある観光案内所のおばちゃんに聞いたところ
とても親切で、バスターミナルの見えるところまで連れて行ってくれて、
さらに帰りのバス停の位置や注意事項についてまで教えてくれました。(少し聞き取れなかったけど)
バスは先払い方式で45元、ターミナルに切符の販売機がありました。
30分程度で到着。
途中には大きな家具店が多く、車窓を見飽きることがありませんでした。
画像

最初に中山路の西にある路地を歩いて、半遍井やお土産やの立ち並ぶ通りを見ました。
絵葉書がほしかったんだけど、普通のものはなく、木版のはがきを買いました。
店員さんがなかなか親切で、お店のオリジナル地図をくれてどうやって回るといいかアドバイスしてくれました。(地図にもモデルルートが載っていました)
鹿港ではいろいろ探したんだけど、絵葉書を一度も見かけませんでした。
記念切手は天后宮で見たんですが。
画像

天后宮でおまいりし、参道で野菜まんとしょっぱいケーキを買いました。
しょっぱいケーキは2種類入っていて、切り干し大根入りとなしの2つ。
かなり大きくて結局もてあましてしまいました。
お寺の出入り口の辺りに本やCD、お経などが詰まれているのですが、
あれは寄付をしてもらっていくというものなのでしょうか。
多少のお賽銭でご本尊の写真と言葉入りカードをいただきました。
あとはけっこう立派なお土産やさんがあって、オリジナルTシャツ、帽子、
キーホルダー、お守り、団扇など様々なものがありました。
月曜だったのですが、学生らしきグループが池の鯉を眺めたり、コインを投げ入れたりしていました。

路地の途中に広場があって、ベンチとトイレがあり、助かりました。
トイレは他にもお寺で借りることがでいました。
市民の人たちが利用する第一市場でいろいろな野菜や食材を見たりからすみを買ったりし、九曲巷をたどり、龍山寺まで歩きました。
路地にはあまり人はいなかったけど、猫を結構見かけました。
日本の猫よりスマートな気がします。
人慣れしているのか、近寄っても逃げませんでした。

龍山寺では、境内のベンチで休憩し、中山路に戻って
阿振(日本人が修行したと書かれている店)で肉まんと牛舌餅を買いました。
肉まんは箱入りで持ち帰っている人の方が多かったです。
その場で熱々のものももちろんありましたが、
翡翠肉まんは品切れで普通の肉まんのみ買いました。
アツアツの肉まんはとってもおいしかったです。
修業した日本の人は世田谷でお店を開いているらしいので今度行ってみよう。
画像
民族博物館は月曜のため、お休み。
でも外から外観を見ることができるため結構人がいました。

彰化行きの帰りのバス停は農会そば彰化客運のターミナルにありました。
途中中山路ぞいにいくつかバス停があったので、そこにいれば乗れたと思います。

街のあちこちに案内の地図やいわれ、昔の写真などが掲示され
街歩きをする人にとてもやさしい作りになっていました。
役所や公的機関などの外壁には、鹿港の過去の写真などが展示されていて
現在と比較することができます。

歩いて街をめぐることができ、地図もいろいろな場所にあるため
道は分かりにくいですが、迷うことはありませんでした。
唯一残念だったのは、適当なレストラン、休憩できる喫茶店が見つからなかったこと。
その点を事前に調べておけばよかったと思いました。
今の時期なら外にいても楽だけど真夏の炎天下だとかなりきつそう。
ちなみにコンビニは何軒かありました。
画像
彰化では、バスターミナルのそばに大きな郵便局を見かけたので、絵葉書や切手がないかなと
入ってみました。
日本と同じように台湾でも郵便局は営業をがんばっているらしく、
化粧品や健康食品などのゆうパック商品を扱っているのを見ました。

彰化から台中までは普通の電車もたくさん出ていてさほど待つことなく、電車に乗って帰ることができました。

鹿港は行ったのが月曜だったためか観光客も少なくのんびりとしたとてもいい街でした。
街の至る所に案内板、地図もあり、道が入り組んでいてわかりにくいところもありますが
道に迷うことはなかったです。
途中、壁に直接矢印と目的地が書かれている場所もあったりしてちょっとおかしかったです。

無料アクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいわかりやすい旅行記です。
さすがです。
また台湾にいったらぜひ!
シャオユィ
2010/01/10 18:18
こんにちは
台湾ネタすごいですね♪
私もまた行きたいです。冬の台湾も味わってみたい。
それとFB数冊送らせて頂きましたので
ご確認くださいね(*^_^*)
ayape
URL
2010/01/25 10:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
台湾中部の古い町「鹿港」 小籠包日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる