小籠包日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017夏高知の旅3-四万十川の屋形船とエビとうなぎ

<<   作成日時 : 2017/08/04 17:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2日目は、四万十の宿を9時にチェックアウトし、市街に向かいます。
観光センターで龍馬パスポートを申請しました。
手続き中にカウンターに観光協会作成らしき四万十川のポストカードセットを見つけたのでそれも購入。
画像


四万十川をさかのぼり、佐田沈下橋のそばにあるさこやの船着き場に向かいました。
船着き場は沈下橋のたもとにあり、特に事務所のようなものはありません。
(あとでわかるのですが豪雨で増水することが多く、川べりはよく水没するそうです)

屋形船に乗り込むと船頭さんから挨拶がありました。
ホームページへの掲載のためドローンでの動画撮影があるそうです。
そのためちょっと長引くかもとのこと。大歓迎です。
屋形船のちゃぶ台の上には火のついた七輪とボールに入った天然手長エビが置かれていました。


画像

エビを交代で焼きながら外を眺めたり、船頭さんの話を聞いたり。
四万十川の中でもこのあたりは下流に近いため流れは比較的ゆっくり。川幅も大きいです。

さこやの屋形船は沈下橋を2つくぐるのが売りなのだそうです。
佐田の沈下橋は水深が浅いため、飛び込めないとのことですが一つ上流の沈下橋からは
地元の子どもたちは飛び込んだりしているそうです。
船のお客さんが飛び込みたいということならどうぞ、とのことでしたが誰も飛び込む人はいませんでした。
途中スタンドアップパドル?に乗っている人たちを発見。
インストラクターとお客さん2名とのことです。川の流れがゆっくりなので安定していてなかなか楽しそう。

そのうちにエビもだんだん焼けてきていい匂いがしてきました。
エビは大好物なので楽しみ。
参加者の中に子供が2人いて、子供には爪の大きなエビを1匹、大人たちは2匹という割り当てになりました。
爪の大きなエビとそれ以外のエビは種類が違うそうです。
塩をふってくれていたので香ばしくておいしかったです。
あまりにおいしくて頭も爪も全部食べました。
息子もいつもは食べないのに、身の部分は美味しいと言って食べていました。
途中ドローンがやってきてこちらを撮影していました。
息子はどうも川よりもドローンに興味があるらしくドローンばかり見ていました。
ドローンの音がすると窓から顔を出してドローンを探しています。さすが乗り物好き。

途中で船頭さんが伝統漁の投網を実演してくれました。
画像

ドローンでの撮影がうまくいかず、結局3,4回くらい実演してくれていたかも。
最初の1回で15センチくらいのお魚が取れて、子供たちはおおよろこびしていました。
バケツに入れて、指で触ったりしていました。

屋形船は撮影もあって既定の1時間を大幅に超えて1時間半くらい運行していたみたいです。
船頭さんの説明も面白く、楽しい船旅でした。


その後は沈下橋で写真を撮ったりしてから、お昼を食べに「四万十屋」に向かいました。
ちょっと写真を撮っただけなのに暑さでふらふら。
実は前の日に帽子をどこかでなくしてしまっていて、帽子がないのも応えます。

「四万十屋」は天然のうなぎが食べられるのが売りのお店で、さすがに行列していましたが
1階の売店を眺めながらだとあっという間に時間がたって
待ち時間が苦になりませんでした。
2階が食事場所で、運よくテラス席に通してもらえたので四万十川がよく見えてよかったです。
鰻重とゴリ丼、川エビのフライ、うなぎおこわを頼みました。
ここだと天然もののウナギを頼むべきなのに、なぜか養殖ものを頼んでしまいました。
ゴリは四万十川で取れる小さいおさかなで卵とじになっていました。
川エビはやはり香ばしく、殻ごと食べられておいしかったです。
養殖のウナギも四万十川の水で育てているとのことでおいしかったです。

画像


そのあとは同じ市内にある「サンリバー四万十」という地元産品を売るお店(道の駅っぽい)に行き、お土産を購入しました。
宗田節のはいったおしょうゆ、四万十川の川のりなど珍しいものもたくさん。
そしてここにもしんじょうくんグッズがたくさんありました。

こんどは一路高知市街に向けてドライブです。
息子がよく寝ていたので休憩なしでそのまま高知市内に入りました。
宿泊予定のホテルは帯屋町商店街のアーケード内にあってとても便利です。
ただ車を停める場所がわからずナビを見ながら右往左往。
裏口を発見してなんとか一時停車をすることができました。
街路樹がフェニックスだったりして南国を感じました。

ー次に続くー

高知旅行2日目日程表
9:00 ホテルチェックアウト
9:30 四万十市観光案内所にてパスポート申請
10:00 四万十の屋形船乗船
さこや(四万十市佐田492-1)佐田沈下橋そば090-5147-4023
佐田沈下橋見学
12:00ランチ 四万十屋にて鰻重とごり丼、川エビの唐揚げ
13:30サンリバー四万十でお土産購入等
16:00リッチモンドホテル到着
17:30はりまや橋見学
18:30夕食 西村商店(予約)
住所 高知県高知市葛島2-7-20 県立美術館通り近く。
その後、帯屋町の土曜夜市を眺めながら、ひろめ市場へ

宿泊:リッチモンドホテル
住所:高知県高知市帯屋町1-9-4
電話:088-820-1122
無料アクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
2017夏高知の旅3-四万十川の屋形船とエビとうなぎ 小籠包日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる