小籠包日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 房総旅行その二『緑水亭翠海』

<<   作成日時 : 2016/10/04 00:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

宿泊は「緑水亭翠海」という新しいホテルでミレーニア三井という別荘地の中にありました。
小高い丘の上にあり、池や芝生もある見事な別荘地でした。
でも車がないと不便な場所です。
グーグル地図だと東芝の保養所となっていてかつては東芝の保養所を買い取ってホテルにしたのかも。
規模も15室とこじんまりとしており保養所っぽい。
小さなプールや芝生の庭もきれいです。
ロビーはカフェのようになっていて、ハンモックもあってゆったりとした雰囲気になっていました。
チェックインの際にはドリンクサービスもあり、ソフトドリンクだけでなく生ビールも頼むことができました。
また部屋にお風呂がついていないタイプなので貸切露天風呂が45分無料で使えるそうです。

2階の部屋からは別荘の屋根の向こうに海も見えました。
畳敷きにツインベッドが2つ。お願いしていたベッドガードもついていて安心です。
ソファが2つあってクッションがたくさんあってのんびりできそう。

カプセル式のコーヒーメーカーとウォーターサーバーもあり、飲み物はばっちり。
どちらも高い位置にあるので安心です。
冷蔵庫には自由に飲み物を入れることができるようになっていました。

ロビーを歩いていたら、ほかの宿泊客の人たちが、庭に鹿がいると話していました。
一緒についていくとたしかに鹿が!
野生の鹿がいるなんてびっくりです。
(後で調べたら房総には鹿やキョンなどが数多く生息しているそう。行川アイランドから逃げたという話もありました。)
画像


貸切露天風呂は丸い陶器のお風呂でなかなか広くて快適です。
洗い場も広くてここだけで完結できるようになっていました。

食事は個室のお食事処があり、扉も閉まるようになっていたので子連れには最適でした。
案の定息子は食事に飽きて個室内を歩き回り、食事を運んでくれる係の人に愛想を振りまいていました。
食事は前菜の盛り合わせ、アワビのステーキ、お刺身の盛り合わせをはじめ海鮮盛りだくさん。
画像

地元の料理、なめろうのお茶漬けもあり大満足でした。
日本酒は利き酒セットがあり、地元の東灘、寿萬亀、腰古井の3種を飲むことができました。
どれも似たような風味でまろやかな味でした。
久しぶりに飲んだので部屋に帰ったら爆睡してしまい起きたら2時でした。
朝も朝食ぎりぎりまで寝てしまい、大浴場には食後にささっと入っただけになってしまいました。

勝浦朝市に行くつもりだったので9時半にチェックアウト。
他のお客さんにも会わず、ロビーも静かでした。

スタッフの人も親切、施設も部屋も清潔でなかなかいい宿でした。
無料アクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
房総旅行その二『緑水亭翠海』 小籠包日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる