小籠包日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 西荻おいしい台湾茶との出会い

<<   作成日時 : 2013/09/06 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

西荻窪のギャラリーYでこの土日に開催された魅惑の台湾茶 やんcafe in Tokyo
に行ってきました。
6月にお茶会に行って以来、台湾茶づいていて日々水出し茶を飲んでいます。
今回はどんなお茶がいただけるのか(お茶菓子も)、わくわくしながら参加しました。
時間ぎりぎりに駆け込んだところ、見知った方が何人も。
5月に行った都蘭旅行でご一緒した方々でした。
懐かしい人たちと会えてうれしくなりました。画像

最初のお茶は、杉林渓の高山茶でした。
いわゆる台湾のお茶といった甘い香りとさっぱりとした味がオーソドックスだけどおいしい。
次は金萱茶。
金萱茶は大好きなのですが、着香しているものも多いと聞いて最近あまり飲んでいなかったので楽しみです。
葉だけだとほんのりですが、お湯を通すとかなりはっきりと甘い香りが立ち上ります。
久しぶりに飲むとやっぱりおいしいです。
お茶をコーディネートしてくれた浦山さんも来ていて、いろいろな話をしてくれました。
金萱茶は標高の高さが味に関係しないそうで、低山でもおいしくできるお茶なのだそうです。
また台湾のお茶作りには高山での霜対策など日本の技術も取り入れられているそうです。
台湾のお茶農家で何年間か働きながらお茶作りの修行をされたそうです。
茶農家では最盛期は1日3時間ほどしか眠らず作業を続けるとのこと、おいしいお茶を作るには本当に苦労をしているのだと思いました。
それ以外にもいろいろなお話を聞くことができて大変勉強になりました。

3種目は、貴妃茶。初めて飲むお茶です。
東方美人のような発酵茶ですが、出来上がりに不安定なところもあり、
見極めがとても難しいそうです。
東方美人は最近好きなので、楽しみです。
香りをかぐと、なんだかお茶ではない別のもののような香りがしました。なんだろう。
味は確かに東方美人に似た紅茶のような発酵を感じましたが、ほうじ茶のような色合いでもあり。不思議なお茶です。
最後は、焙煎した烏龍茶。
先日廸化街のお茶屋さんで焙煎したお茶を買ったので、それを日々水出し茶を飲んでいました。
それにちょっとだけ似てるかも。
でもやっぱり違う?
お茶菓子は手作りのパイナップルケーキと緑豆の落雁、蓮の実の砂糖漬けです。
どれも台湾の風味でおいしかったです。

画像お土産に冷茶用5種セット、ペットボトル用茶漉し付きを買いました。
冷茶用ですが、普通に淹れてももちろんいいそうです。
早速仕事に行くときに淹れて使っています。
お水を継ぎ足してもちゃんと味が出るので、かなりお得かも。

そしてやんさんが持って来られた台湾雑貨も楽しみにしていました。
おかっぱせんせいの服、大同電鍋のグッズ(オルゴールや小物入れ、大同ちゃんのグッズ)
客家の花布のこものたち。どれもとてもかわいいです。
パールミルクティの付いた春水堂のマグカップのふたを買いました。
実は、あまりにもかわいいものがありすぎて選ぶことができませんでした。
今になって後悔しています。
sumingの日本ライブツアーの話題にもなりました。
岡山は既に売切れだそう。すごい。
ジェイのライブのために東京で参加できない私は浜松へ行こうと思っていたのですが、
浜松はまだ売り切れていないそうなので、ますます行かねばという気持ちになりました。

5月の台湾で知り合った方々とお昼を食べようということになり、「夢飯」へ。
今回は揚げたチキンの海南チキンライスにしました。
香草も追加して、おいしいお昼になりました。

画像






無料アクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西荻おいしい台湾茶との出会い 小籠包日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる