小籠包日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 真夏の台北を散歩〜国父紀念館から忠孝敦化まで〜

<<   作成日時 : 2012/10/04 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

京站で「女朋友 男朋友」を見終わったらちょうど12時。
お昼を食べようと思ったのですが、京站には適当なお店がなく、
前から食べてみたかった國父紀念館站の「北大行」に行くことにしました。
國父紀念館からはちょうど台北101が見えてとてもきれいです。
炎天下の中「大崎一番太郎」といっしょに写真を撮ったりしながら、のんびり歩きました。

「北大行」は駅から歩いて10分弱くらいのところでした。
華やかな感じはないですが、清潔で新しいお店でした。
メニューから小籠包、小籠湯包、鶏の麺、空芯菜炒めを頼みました。

小籠湯包って、すごく手間がかかる料理だと思います。
ただでさえ大変な小籠包をさらに小さくしているのですから。

画像

小籠包も小籠湯包もどちらもとてもおいしかったです。
ただ店員さんは、しょうがや醤油皿はお願いしないと持ってきてくれなかったです。
取り皿も何度かお願いして持ってきてもらいました。
そこがちょっと残念なポイントだったかも。

画像


画像

そして北大行を出てさらに南下します。
炎天下の中、暑さでくらくらします。
少し歩いて 「Mango chacha」に到着。
ここはマンゴーのデザートばかりのお店。
内装もオレンジでとてもかわいらしいお店です。
メニューの名前もとってもかわいらしいのでもし行ったら名前にも注目してみてください。
雪花氷と、黒糖マンゴーかき氷を注文しました。
黒糖のかき氷は澎湖で食べて、そのおいしさに感動したものです。

店内のテレビモニターではこのお店がニュースに取り上げられた時の録画を延々と流していました。
ただ1つ残念なのは、たぶんマンゴーが冷凍されていたのでは?という食感だったことです。

お店の中では、マンゴー石鹸やマンゴーリキュールなども販売されていました。

画像

iPhoneで道を調べながら、隣駅の「pekoe」へ。
途中道の真ん中で公園があって、そこのあずま屋で休んだり、健康器具で健康体操(?)をしたりと
のんびりと歩いて向かいました。
炎天下なのでそんな感じで気分転換をしないと歩いていられません。
途中、いかにも台湾といった雰囲気のお寺もありました。

お店はシンプルで看板も控えめ。
住所を調べていないとわからなかったと思います。
入口にはカフェ。奥に食材のお店がありました。
台湾産の有機栽培のお茶、乾燥マンゴーやパイナップル、ライチ、そして京都の一保堂のお茶まで。
いろいろなものを扱っていました。
せっかくなので台湾産の乾燥マンゴーとライチ(ライチの乾燥って珍しい!)を買いました。

「北大行」台北市大安區光復南路427號

「芒果恰恰冰館 Mango chacha」
台北市大安區光復南路562號
12:00-23:00

「PEKOE」
台北市敦化南路一段295巷7号
11:00〜20:00
無料アクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
真夏の台北を散歩〜国父紀念館から忠孝敦化まで〜 小籠包日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる