小籠包日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿児島・北九州旅行(知覧、指宿、鹿児島、小倉)その5〜小倉滞在

<<   作成日時 : 2012/08/25 11:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新幹線で博多で降り、在来線に乗り換えて小倉に向かいます。
鶏卵そうめんが買いたかったので、いったん外に出ようとすると、自動改札に阻まれてしまいました。
駅員さんに聞くとどうやらこの切符は改札外には出られないもののようです。
あきらめて在来線のほうに行くと、新幹線車内でアナウンスしていたソニックの発車ベルが。
あわてて乗り込み、空いている席に座りました。

小倉では祖父母、父、叔母と待ち合わせをして、ホテルに食事に行くことになっていました。
駅からちょっと離れたところにあるホテルニュータガワの和食のお店でオーダーバイキングを予約してくれていました。
和風の庭園の景観もすばらしくおいしく楽しいひと時でした。

翌日は、小倉を少し観光します。画像
実は小倉城に行くのも初めてで、行き方から聞いてでかけました。
お城の敷地内にある八坂神社を見て、お城に行くと、3施設のセット入場券がありました。
小倉城、小倉城庭園、松本清張記念館の3つの施設のセットでちょっと割引になります。
朝早くから女の子たちが大荷物で並んでいたので、何に並んでるんだろうと疑問。
(後でなぞは判明しました。)
小倉城ではすれ違う観光客はたぶんすべて韓国人。
北九州の国際化を感じました。
だんだんしぐさや態度で言葉を聞かなくてもなんとなく韓国人だってわかるようになりました。
(特におじさんはわかりやすい)
画像
庭園は、小倉城を望む場所にあり、スタッフの人が解説もしてくれます。
小笠原氏が治めていた場所ということもあり、小笠原流マナーの解説などもありとても勉強になりました。
特別展も皇室の衣装展ということで、古く格式ある衣装を見ることができました。
抹茶とお菓子の接待もあり、中学生くらいの男の子が緊張しながらお茶を振舞ってくれました。

松本清張記念館は、作品をあまり読んだことがなかったので期待していなかったんだけど、
杉並の邸宅を移築していて、書庫や書斎をそのまま復元していたり、
作品も舞台がわかりやすいように地図やビジュアル、資料が充実していてとても勉強になりました。
一日いてもいいくらい。
地下の喫茶室には、半セルフのコーヒーメーカー(豆を買い、その豆を挽いて、ドリップするんだけど
ところどころ人力が必要)でアイスコーヒーを飲みました。
人力がいるだけあって、凝っていてとてもおいしかったです。


お昼は「雲のうえ」に載っている北九州ラーメンのお店に行きたいと思っていたのですが、
出発直前に自宅にあるはずの「雲のうえ」が見つからず、
現地にあるだろと思っていたらどこにもなくて、ネットで個人ブログで取り上げているところを検索して
魚町近辺にあるお店に行きました。画像

鳥町食堂街という細い横町みたいなところに小さい飲食店がたくさん。
入口に地図があったのでそれを見ながら行きました。
小倉名物やきうどんのお店もあり、そこも気になります。
「麺屋 まるいち」は小さなラーメン屋さんでした。
とんこつラーメンですが臭みがなく、おいしかったです。
麺の太さが選べるところもいいな。

食後は、魚町銀天街をぶらぶら。
アーケードのある商店街で、お店のエアコンが外に少しでていて炎天下よりもずいぶん涼しいです。
そして日曜ということもあってとってもにぎやか。
街頭コンサートをしていたりしている一角もありました。
画像
以前に講演で聞いて気になっていた雑居ビルをリノベーションして、ものづくり作家たちがシェアしている「ポポラート三番街」を見に行きました。
かわいいけしごむはんこのお店で、作家さんとお話をしてウサギのはんこを買いました。
ほかにもさまざまなお店があってゆっくり見ていたら時間を忘れそう。
旦過市場もすぐだったので見に行きましたが、残念ながら日曜日だったので開いているお店はほとんどなし。
ちょっとがっかり。

帰りの北九州空港はコンパクトだけど、お土産屋さんが充実していてなかなかよかったです。
スターフライヤーグッズのお店もありました。

濃厚豚骨 らーめん 麺屋 まるいち 
北九州市小倉北区魚町1-4-16 鳥町食堂街


無料アクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鹿児島・北九州旅行(知覧、指宿、鹿児島、小倉)その5〜小倉滞在 小籠包日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる