小籠包日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 台東旅行一泊二日(2012年7月)その2

<<   作成日時 : 2012/08/15 20:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2日目は朝8時半に集合ということなので、逆算して7時に朝食を食べに食堂に降りました。
何人か同じ会の方たちもいたので、お話しながら朝食を食べました。
台湾好き同士話が合うというかみなさんいい人ばかりでこういうときもとてもいい雰囲気でした。
品数は少ないながらもちゃんとフルーツもあって満足。
なにより食べ歩きなので、あまりおなかいっぱいだとこれから食べられなくなるかもといった心配も。
集合時間にロビーに降りたところびっくりするぐらい大きなバスが止まっていました。

画像バスに乗った後は、自己紹介タイム。
みなさん台湾への思いや渡航歴などを熱く語っていました。台湾が好きな人ってこんなにいるんだと感動。
私も周杰倫のファンだということを話しました。
最初に立ち寄ったのは「台東原生應用植物園」
薬草しゃぶしゃぶが食べられるとのことでとても楽しみにしていた場所です。
薬草に特化した植物園で、眼下には草原もひろがり眺望もいいところです。
視聴覚室で日本語の紹介映像も見せてもらったり、
台湾独特の植物についての説明もしてもらいました。

少しトラブルはありましたが、無事しゃぶしゃぶが食べられることになってほっと一安心。画像
一人ひとりの席の前には鍋が置かれ、薬草(十数種類)、野菜、肉、さかな、つみれ、
いも、ごはん、米苔目など様々な具が取り放題です。
地鶏をゆでたものも途中で追加されましたが、これも味わい深くおいしかったです。
薬草茶やフルーツも食べ放題です。
薬草茶も数種類ありましたが、思ったより飲みやすいかな。
たれも自分で調合するようになっていて、みんなでわいわい言いながらそれぞれ好みの味にしました。

食後は売店でお茶やレモングラスのオイルなどを見ました。
お茶はまとめ買いするとかなり安くなるとのことで、みんなで共同購入しました。
台北の台湾好店で買えなかったレモングラスのオイルも買うことができて満足。

次はパイナップル畑に行けるとのことで、うきうき。
バスを降りて畑までの道にも龍眼やびんろう、ドラゴンフルーツなどが成っていて
期待が大きく高鳴ります。
紅宝石、16号、17号という3種類のパイナップルを食べさせてもらいました。
農家の方が一つ一つナタで皮をむいてくれました。
私は紅宝石になりましたが、芯まで甘くておいしかったです。
こんなにおいしいものは初めてで感動しました。
とげのようなものもまったくなく、普通のパイナップルにある酸っぱさもなくて
パイナップル苦手な人もこれならおいしく食べられそう。画像

収穫もしていいよとのことで、黄色く熟れたパイナップルを一つもぎました。
これも初めてのことでとても楽しかったです。

バスに戻ってしばらく走り、今度は養蜂園に行きました。
養蜂しているところに行くのも初めてで、不安半分期待半分。
ミツバチは刺さないとわかっていても、ちょっと緊張します。
最初に蜂蜜水を一人1本いただきました。
ペットボトルに水と蜂蜜を入れて作ったものだそう。
甘さもちょうどよくおいしい水です。
しかも冷えていて、暑い時なので気を使ってくれたんだなと感動しました。

農園の方が、取れたての蜂蜜やローヤルゼリーを試食させてくれました。
画像ローヤルゼリーは、ちょっと苦味があります。
健康にいいと聞くので頑張って食べました。(というほどまずいものではありませんが)
農園で取れた蜂蜜を使って作ったケーキをいただきましたが、
これもふわふわで、甘さ控え目、とてもおいしかったです。
お代わりまでいただきました。
そして賞を取った蜂蜜を売ってくれるとのことで、みんなで行列して買いました。
お土産に小さいビン4個詰めの蜂蜜もいただいてご満悦です。
養蜂園の人たちはとても親切で何かと気を使ってくれているのがわかりました。
蜜蜂もおとなしく、人間の方に来るのもあまりいなかったかな?
煙みたいなものをだして、養蜂場の人が来ないようにしてくれていました。
養蜂場の方が、○○国中という肩掛け鞄を下げていたのがかわいかったです。

養蜂場のあとは、コーヒー園へ。
ジャコウネコにコーヒー豆を食べさせて、発酵させたものを使ったコーヒーとのこと。
日本語の達者なおじいちゃんが一生懸命説明をしてくれました。
三国志の話(桃園の誓いの義兄弟の契り)も交えて、少数民族の教えについても教えてくれました。

コーヒーを試飲させてもらうとくせのない味でなかなか美味しかったです。
香り高いというのとはちょっと違うけど、暑い国にはしっくりくるような味でした。
豆で買うとちょっと高かったので、ドリップコーヒーを一箱買いました。
ジャコウネコの赤ちゃんを見せてもらったのですが、ちっちゃくてとってもかわいかったです。
ジャコウネコって猫の仲間というよりは、いたちとか獣っぽい感じでした。

その後、福祉施設に行き、そこの子供たちとちょっと交流したり、
施設を案内してもらったりしました。
どの子もとてもかわいらしく、また一生懸命でほほえましかったです。

今回のプログラムはここまで、ということで17時の便で台北に帰る人たちを空港で見送り、
次の便に乗る私たちはとりあえず市街まで戻りました。
水餃子の美味しいお店で、水餃子をもりもりと食べ、
画像ホテルに戻りました。

2日間という短い期間でしたが、ほんとうに楽しく、貴重な体験ができました。
参加していた人たちもみんな感じがいい人ばかりで、
初めて会ったにも関わらず、なんだかなじんでお話ができたし。
台東という街もこじんまりとして、すごく居心地がよくもっと長居したかったです。
鉄花村という場所があるのもポイントが高いです。いいなあ。

画像
.




無料アクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台東旅行一泊二日(2012年7月)その2 小籠包日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる