小籠包日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 台北の郵政博物館

<<   作成日時 : 2007/09/06 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
3日目は郵政博物館に行ってきました。
朝ごはんに鼎泰豊に行き休日限定メニューの湯包を食べ、そこから近いだろうと踏んで
歩いて郵政博物館に向かいました
中正紀念堂の裏手あたりにあるらしいのですが
紀念堂自体がむちゃくちゃ広いことを忘れていました
日が昇り、だんだん暑くなってきて
歩くのもつらい感じです
ただ小さな屋台のような店や八百屋など興味深い店がたくさんあり
あきることがありません
さらに結婚写真館の並ぶ通りもあり
なかなか変化があって楽しいです
南門市場まで着くと市場前に果物屋台があり、
おいしそうな果物がたくさんあり、後で向かおうと心に誓います。

郵政博物館は牯嶺街(クーリンジェ)という通りに面していました。
隣には牯嶺街小劇場という劇場があったのですが、
瀟洒な洋館ですてきな雰囲気でした。

博物館は門が半分閉まっていて
閉館?とおもっておそるおそる入ってみると単に裏口でした。
1階は売店と切符売り場のみで、2階以上が展示スペースになっていました。
2階から順番に見て行きましたが、中国の郵便の歴史から詳しく展示がありなかなか興味深い内容です。
世界の郵政のフロアでは、世界の郵便ポストや郵便局員の制服なども展示されていて
結構面白いです。
また、世界中の切手(除中華人民共和国)を見られる場所もありました。
日曜とはいえ午前中だったため、ほかにお客さんはいなくて、ほぼ貸切状態でした。
郵便の仕組みを説明したフロアは、小学生の社会見学向けか
郵便の仕分けを体験できるコーナーや郵便物の宛名や手紙の書き方を説明した
パネルなどもあり、けっこう勉強になります。
特に台湾あての郵便の宛名の書き方はいままでよく知らなかったので
ためになりました。
このコーナーには教卓といすが並べてあり、教室のようになっていました。
さすがに夏休みなので、小学生たちはいませんでした。

最後に1階に戻り、売店で台湾の切手をいろいろと買いました。
4,5年前のものまであるので、わーい!とばかりにたくさん買い込みました。
昔、「スタンプマガジン」という雑誌の通販コーナーで見たくまのプーさんの貯金箱(台湾郵政バージョン)もあり、重いのも忘れて買ってしまいました。
しかも最後の1個だったらしいです。画像
あとはレッサーパンダの切手帳を買いました。
パンダが「大熊猫」なのでレッサーパンダは「小熊猫」だと思い込み、
しかも切手帳の表紙にもそう書いてある様な気がしたのですが
「小猫熊」と書かれていました。
お店のお姉さんにも訂正されたし、なぜ?

日本の逓信総合博物館に比べてもかなり立派な博物館で
お客さんが少ないのはもったいない。
画像

帰りに南門市場により、愛文マンゴーを買いました。
けっこう大きなサイズのもので、日本で買ったら数千円もしそうな感じのものです。
市場には乾物、雑貨などいろいろなものがあって見ているだけで
けっこう面白かったです。

その後タクシーで永康街に行き、氷館でマンゴーカキ氷を食べて
ホテルに戻りました。


無料アクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小籠包日記さま初めまして。
わたしも1月に台湾旅行へ行った時に郵政博物館へ行きました。
残念ながら閉館直前だったので、中は見学出来ず売店で買い物のみ。小籠包日記さまの記事を拝見しますます次回こそは!と思いました。

わたしも旅&手紙好きなので他の記事もゆっくり拝見致します。
aoi
URL
2008/03/02 17:47
aoiさんはじめまして
コメントありがとうございます
郵政博物館、ぜひ中も見てみてください。
あと切手は台北駅の南にある大きな郵便局にも
たくさん売ってましたよ。
nozomaro
2008/03/05 07:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
台北の郵政博物館 小籠包日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる