小籠包日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 台北で酸菜鍋(長白)

<<   作成日時 : 2005/12/18 15:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

3日目夜は台北在住の友人Yちゃんと、同行の友人と3人で、鍋を食べに行きました。
宿泊しているホテルで待ち合わせして、MRTで最寄り駅「国父紀念館」(国は旧字です)に向かいました。

なんだかすごく寒い日で、Yちゃんはコートまできて完全防備でした。
私はカーディガンを羽織って出かけました。
後で分かったのですが、日本でもものすごく寒かったそうです。
アジア全体に寒波が来ていたようです。

お店に着いたら、すごい人で7,8組くらいの待ちでした。
お店の外で待つのも寒いなあと思っていたら
待ちの名簿に携帯番号を書く欄があり、順番になったら呼んでもらえるみたいでした。
Yちゃんが番号を書いてくれたので、とりあえずお茶をしつつ待つことにしました。
近くにスタバがあったので、スタバでお休みすることに。
日本とまったく一緒の作りでした。
メニューが漢字表記でも記されているけど、ちゃんとカタカナ読みで通じました。
キャラメルマキアートもありましたよ。
ちなみにちょっとお高めでした。
円安だからかも。今回、より円安が進んでいて、どこでもなんとなく割高感がありました。
Yちゃんは日系企業にお勤めしているので日本語がものすごく堪能です。
会社でも上司に中国語を教えたりしているみたいです。
日本語検定も1級を受験したそうで、私も頑張らないと、という気持ちになりました。


30分くらいで呼ばれたので、お店に戻りました。
入口脇の席だったので、ちょっと寒かったです。
鍋は、小、中、大から選べ、3人だと中がいいみたいなので、中を選びました。
肉は最初から入っているものに加え、牛、羊、白肉(豚肉)から2皿が選べたので
牛と白を選びました。
鍋には、白菜漬物、かに、春雨などいろいろな具が入ってました。
さらに別皿で春菊のような葉っぱもありました。

更に追加で、鍋の具として魚丸と餃子を選びました。(これは別料金)
たれは店の一角にあるたれコーナーで調合します。
10種類くらいあって、どうやって調合していいのやら迷います。
スプーンに韮とかゴマとか書いてあって、一応目安にはなりました。
あとでいろいろなサイトを見たらどうやら最初はお店の人が調合してくれるらしい。
忙しかったので忘れられちゃったのかな?

鍋に入っている白菜は漬物で、味がしみていておいしいです。
酸菜とはいうものの、酸っぱいもの苦手な私にもおいしかったです。

鍋に魚丸(魚のすり身団子)と餃子を入れたら、もうおなかいっぱいでした。
がんばったんだけど、若干おなべのそこに具が残っていたような気がしました。
で、最後になって飲み物を取り忘れていたことに気が付きました。

長白小館
住所 : 光復南路240巷53号
MRT国父紀念館站より歩いて3分くらい。
営業時間:〜21:00
無料アクセス解析

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
トラバいただきました。
長白へは、いつ行かれたのでしょう?
この記事読んでて、私たちが先週の寒い日に行った時に、入り口そばレジ横に日本語で話している女性三人を見かけたよなぁ っと思い出したんです。
人違いでしょうが、もしや? と思いまして。

タレの事。古い日記に自分で「店の人が調合してくれる」と書いときながら、久しぶりで忘れてて自分で混ぜちゃいました。でも、タレコーナーに店のお薦め調合割合が張り出して有ったので、それを見てやれば誰でも作れますね。
では
さんすけ
2005/12/20 19:11
コメントありがとうございます。
私が行ったのは12月4日だったと思います。
2人日本人、1人台湾人という組み合わせのグループでした。
もしかしてお会いしていたでしょうか。
のぞまろ
2005/12/21 02:18
ワシらが行ったのは10日なので人違いでした。残念!
やっぱり寒い日で順番待ちノートに沢山名前が有って20分ほど近所をぶらつきました。客の殆どは地元の方ですが、日本人にも人気が有りますね。
さんすけ
2005/12/21 02:50
Nice Site! thx !!
gg
2007/03/25 17:51
Nice site! Thx !!!
asd
2007/03/26 15:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
台北で酸菜鍋(長白) 小籠包日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる